矯正歯科

アブセス
一部の組織を破壊した際に生じる膿を溜める空洞を形成することをいい、
急性の歯髄炎の際によく見られる症状です。
口腔内だけではなく、体の色々なところに発症します。

発症確率は、大きな傷よりも小さな傷を作ってしまった場合の方が高くなっています。