用語集

再石灰化(さいせっかいか)
一度脱灰したエナメル質、象牙質などが、カルシウムイオンなどのミネラルの補充により、再度石灰化すること。
簡単にいうと、唾液中のカルシウム、リン酸イオンなどが歯の表面に取り込まれることで、虫歯になりかかった部分が微小に回復するような現象のことです。

食事後は歯にプラークが付着します。
そのプラークの中はむし歯菌がとても棲みやすくなっています。
このむし歯菌は糖分が供給されると生きていく為に糖分を栄養とし、酸を排出していきます。

むし歯菌によって排出された酸は、歯のエナメル質表層のアパタイト結晶を溶かしてしまいます。
また、唾液中のミネラルは酸を中和し、さらに歯に沈着して再石灰化を起こしていきます。
このようにエナメル質表層では再石灰化と脱灰が頻繁に起こっているのです。